スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | page top↑
第1回 天狗面の歴史
2008 / 05 / 14 ( Wed )
みなさんに天狗面の製作する上で
天狗面の歴史についても知ってもらおうと思い不定期に書きたいと思いますのでよろしくお願いします。
それでは第1回として
まずは、天狗面を知る前に天狗の大元なる
迦葉山(かしょうざん)
についてご紹介したいと思います。

■ 迦葉山龍華院弥勒寺(かしょうざんりゅうげいんみろくじ)

天狗の霊峰は迦葉山は、天狗のお山として知られる当山は、谷川連峰の東、沼田市より16キロに位置し、関東の霊域として名高い。
IMG_5447.jpg

■嘉祥元(848)年
この年に開創。
野国の大守、桓武天皇の皇子葛原一品親王が比叡山三祖円仁慈覚大師を招き、国家繁栄、民主安泰の鎮守護国寺として開かれました。
唐より帰朝まもない高僧慈覚大師は、大乗経中三会の法「迦葉仏鶏足山に出現し、不生不滅を示し、弥勒下生龍華院を期す」より、遠くお釈迦様の後を継がれた迦葉尊者が第一回の経典を作られた結集の地、鶏足山と山なみが同じであるとし、初の千人供養法会を開き、迦葉山龍華院弥勒護国寺となる。
そして北関東黎明の基となり49院を擁し政治文化野中心として栄えました。

■康正2年(1456)
改宗開山天巽慶順禅師行脚の途、弥勒中慈雲律師の高徳を慕い来山しました。
慈雲律師は天巽禅師の戒定慧の三学、座禅の徳風に感得して六百年の天台宗の宝燈を譲り入定せりという、これによりて曹洞宗となり迦葉山龍華院弥勒護国禅寺と号す。

天巽禅師に随身する神童に中峯あり、十年一日の如く禅師に師事し伽藍の造営から布教法にに尽くした。常に容顔変わることがなかったという。禅師が二世大盛禅師に譲られるや「吾、迦葉尊者の化身にて己に権化化業は終わったよって今後は永くこの山に霊し末世の衆生の抜苦与楽せん」と誓願して案山峰より昇天され、その後に天狗の面が残されていたという。

時が経つに従いその霊験は益々応所に現れ、参拝者の絶えることなく鎮守中峯大薩として祭られ迦葉山の信仰の中心となっています。

又、徳川初代将軍の祈願所となり朱印百石、十万石の格式を有し、七百十八町歩が下賜されました。
当時の面影を残すものとして、旧参道を上り切った右側に天然記念物馬隠れの杉があります。
この杉より内は三蔵密教の霊域にて城主でも馬乗りを禁じ、馬が隠されても疑わずとして名付けられたものです。
特に近年は霊鳥「仏法僧」の声を聞きつつ静かに座禅堂に坐し、古く迦葉尊者の禅風を慕う研修会や、一夜俗塵をはらい心静かに家内安全や開運を願う御参籠者にて賑わっています。

曹洞宗に改宗され、徳川初代将軍の祈願所として御朱印百石・十万石の格式を許されました。


調査資料をそのまま写した部分が多いのでわかりづらいかな?
しかも長いしね(@^_^)ゞ
でも、最後まで読んでくれた方、ありがとうございます。
では、次回は「天狗様の由来」について書きたいと思います。
それでは、また。 

-かんりにん-

参照資料:沼田市観光協会、沼田市ホームページ他
スポンサーサイト
天狗面歴史 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<5月14日の製作風景 | ホーム | 新聞発見です。>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://tengumikishi.blog96.fc2.com/tb.php/16-2e616ffa
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。